ホームOTHERS松尾たいこ「あっ。富士山から日の出だ」
松尾たいこ「あっ。富士山から日の出だ」

マウスをのせると画像が拡大表示します。

松尾たいこ「あっ。富士山から日の出だ」

松尾たいこ氏の陶画シリーズ「千年陶画」からの一作です。福井・越前の伝統技法「千年色あせないといわれる陶彩技法」と出会い、松尾氏が2014年にスタートしたプロジェクトが「千年陶画」。陶器のうえに泥絵の具で絵をのせ、特殊な釉薬(うわぐすり)をかけるなど、多くの工程を経たのち窯で焼き上げて作られる作品です。書籍装画などで有名な、松尾氏ならではのクリーミーな色彩の絵画世界、その人気アイコンが描かれつつも、陶画の特性を活かしたひと味違うタッチに愛らしさがあります。本作は、越前焼の器に絵を描いた一点もの。2015年の「ETERNAL HAPPINESS 色あせない幸せ」展、2016年の「福馬福鳥」展でも発表されて好評を集めました。重さ約650g。


松尾たいこ「福馬福鳥」展については下記をご覧ください。
http://blog.galleryspeakfor.com/?eid=725

[ 作家名 ] 松尾たいこ
[ 品 名 ] あっ。富士山から日の出だ
[ サイズ ] 直径約255mm
[ 技 法 ] テラコッタ陶画(越前焼)
[ 納 期 ] お届けまで約14日間かかります。
[ 注 意 ] 置いて飾る作品です。スタンドなどの器具は付属していません。


販売価格 99,360円(税込)
在庫数 1
購入数